キャベツってダイエットにおすすめ

キャベツダイエットは、食べ過ぎを防ぐために食前にキャベツを食べるという方法ですが、どういった食べ方が有効でしょう。どんなふうにキャベツを料理するかを知っておくこと、キャベツダイエットを長く続けやすくなります。キャベツはあらかじめさっと洗い、生のまま一口大のサイズに切ります。ドレッシングを少しつけて食べるだけの方法であれは、短時間で、あっというまにつくれます。生のキャベツを食べる時の定番は、千切りかもしれません。太い千切りと細い千切りとでは食感が違いますし、ざく切りはまた違った味わいです。キャベツダイエットでは、ボリュームのあるざく切りが推奨されています。家族みんなで1/2個のキャベツを蒸して食べる蒸しキャベツも、ダイエットにはいいでしょう。生とは違った味を楽しむことができます。4つに切って、そのうちの一つを蒸して1人用のキャベツにするのもいい方法です。キャベツ単品を調理するのもいいですが、キャベツを蒸す時に豚肉、ベーコン、モヤシを加えてもいいでしょう。電子レンジに、シリコンスチーマーやお皿にキャベツや下味をつけた肉を入れ、ラップをかけて熱を加えればできあがりです。ダイエット中なら、ベーコンや豚肉は少なめにするといいでしょう。塩味か、ポン酢味でおいしく食べることができます。ダイエットメニューには、ソーセージとキャベツの入ったスープもいいでしょう。キャベツとソーセージを、スープの具にちょうどいい大きさに切って煮込むだけで完成です。スープの味つけは濃くならないように、コンソメや、塩のみでもおいしく食べることができるでしょう。少ないカロリーで満腹感が欲しいという人は、キャベツをスープに使って水分補給にも役立てましょう。料理の時間が無いときは、キャベツを原料に使ったグリーンスムージーで代用するのもおすすめですね。