太陽光の量とサンタンの関係について

紫外線に含まれているa波は、ガラスを抜ける性質を持ってるために、部屋の中にいるときでも日に焼けちゃう可能性があるんです。紫外線には、A波・B波があります。B波は曇りの日等天気で阻止できますが、そうだとしても地球に注いでいる紫外線の一つではあるんです。

1年の内に、紫外線の照射量が1番多いのは5月から9月であるといわれているのです。5月の日光はまだ夏の強さがないため、まだまだ紫外線の対処は考えなくていいと考えているかたもたくさんいるようです。どんどん服が多くなり、袖や、パンツの丈が短くなって来るので、そんな時こそ紫外線対策が必要になるのです。

汗をかきやすい事も、真夏の紫外線予防で注目しておきたい所です。日焼け予防クリームは汗で溶け出してしまうことがあり、よく直して、日焼け止め作用を保持しましょう。

紫外線をカットしてくれる効能がどのくらいあるのかは、日焼け止めにより異なる為、SPF値等をみて、自分に丁度いいものを探しましょう。SPF値の高い日焼け止めを一回沢山使うよりも、値が小さい日焼け止めを頻回につけるほうが日焼け止め作用がよいといいます。

日焼け止めクリームをつける時は、肩や、鼻の頭、額のような、紫外線を受けているところが、数回塗り直してください。

午前10時から、午後2時までのあいだは、紫外線がすごい大量ということを踏まえ出掛けるようにしましょうね。紫外線の多い時のみじゃなく、一年を通して、紫外線の対策をすることがお肌の為なんです。