女性らしい体型とホルモンバランス

どういった体型になれば、女性らしいと感じるようになれるでしょう。体のメリハリがはっきりしていて、腰はくびれ、足は引き締まり、かつ胸やお尻などは女性らしい丸みや膨らみがあるのが女性らしい体型です。女性らしい体型になるために、スリムな人が体脂肪を増やすという考え方もありますが、体脂肪が増加するだけで女性の体型になるということはありません。女性ホルモンが分泌されていることも、女性らしい体型づくりに関わっています。まだ成熟していない女性の場合、体つきはまだそれほど丸みを帯びておらず、少年のような体型であることが多いものです。ある程度の年齢になるとバストやヒップが大きくなり、それとは反対にウエストがキュッとくびれてメリハリのある体型になります。体型に女性らしさを感じるようになるころには、体の中でつくられたエストロゲンと、プロエストロゲンという成分が、働くようになります。女性ホルモンの分泌が十分でなくなると、身体の女性らしさが薄れ、中性的な体型になっていきます。お肌のコンディションや、頭髪の状態も、ホルモンバランスと密接に結びついており、外観を左右してしまうものです。年をとるにつれて、女性は薄毛が目立つようになったり、体のめりはりがなくなったりしますが、これらは更年期に入ってホルモンのつり合いがとれなくなるためです。体型が崩れるような年齢でなくても、ホルモンバランスが乱れることで年齢以上に劣化した体型になる恐れもあります。女性らしい体型を維持するためには、日頃から規則正しい生活を心がけて、ホルモンバランスを乱さないことが大切になります。